【MQL4定数】カラー定数(clrXXX)

【辞書】MQLリファレンス
おすすめEA

カラー定数

カラー定数は、オブジェクトなどのの色を設定するときに使われます。

16進数カラーコード(例:#e6e6fa)でも色を決めることはできますが、clrXXXという感じで、カラー定数が用意されております。

色を設定できる全てのものに対して、カラー定数を利用することができます。

そのため、好きな色はカラー定数を覚えておくと良いでしょう。

 

カラー定数(clrXXX)

 

カラー定数の使い方

カラー定数は非常に多くの場面で使われます。

自動売買・インジケータ問わず使える定数です。

例えば、以下のような場面で使用します。

  //インジケータの設定値
  //マゼンタを設定
   #property indicator_color1 clrMagenta


  //オブジェクトの色を設定する
  //マゼンタを設定
  ObjectSetInteger(ChartID(), "自動売買を作ろう!", OBJPROP_COLOR, clrMagenta);