サイトアイコン 自動売買を作ろう!

【MQL4定数】チャート基準座標の定数(ENUM_BASE_CORNER​)

チャート基準座標の定数

チャート基準座標の定数は、チャートの基準座標を設定するときに使われます。

チャート基準座標とは、オブジェクトを表示するときに基準となるチャート上の座標のことです。

主に、ObjectSetInteger関数で使われます。

簡単に関数の説明です。

 

それぞれ、OBJPROP_CORNERの設定値として、チャート基準座標の定数が使われます。

 

チャート基準座標の定数(ENUM_BASE_CORNER​)

定数説明
CORNER_LEFT_UPPERチャートの左上を基準座標に設定
CORNER_LEFT_LOWERチャートの左下を基準座標に設定
CORNER_RIGHT_LOWERチャートの右下を基準座標に設定
CORNER_RIGHT_UPPERチャートの右上を基準座標に設定

 

チャート基準座標の定数の使い方

主に、ObjectSetInteger関数で使用されます。

それぞれ、OBJPROP_CORNERの設定値として、チャート基準座標の定数が使われます。

上記の定数を入力しましょう。

すると、その定数に対応した基準座標が設定されます。

例えば、以下のように使用します。

  //ObjectSetInteger関数
  //チャート上の左上を基準座標にする
   bool objectSetInteger = ObjectSetInteger(ChartID(), "自動売買を作ろう!", OBJPROP_CORNER, CORNER_LEFT_UPPER);

 

返り値はbool型です。

成功すればture、失敗すればfalseが返ってきます。

 

【補足】チャート基準座標の定数の列挙型(ENUM_BASE_CORNER​)

チャート基準座標の定数は、ENUM_BASE_CORNER​という列挙型に含まれています。

列挙型は、定数群をひとまとめにしたものです。

以下のように使います。

ENUM_BASE_CORNER baseCorner = CORNER_LEFT_UPPER;

上記のようにプログラムすると、baseCorner変数に CORNER_LEFT_UPPERの数値が代入されます。

 

 

 

モバイルバージョンを終了