【MQL4定数】インジケータ用ライン定数(ENUM_LINE_STYLE)

【辞書】MQLリファレンス
おすすめEA

インジケータ用ライン定数(ENUM_LINE_STYLE)

インジケータ用ライン定数は、SetLevelStyle関数の引数として使用します。

SetLevelStyle関数は、インジケータで描画する線の種類や太さを設定する関数です。

インジケータで描画する線の種類を設定をするために、インジケータ用ライン定数を使うと良いでしょう。

例えば、点線で描画するとか、破線で描画するといったことが設定できます。

 

それぞれ、draw_style引数の入力値として、インジケータ用ライン定数を使うことができます。

 

インジケータ用ライン定数(ENUM_LINE_STYLE)

定数説明
STYLE_SOLID実線
STYLE_DASH破線
STYLE_DOT点線
STYLE_DASHDOT破線と点線
STYLE_DASHDOTDOT破線と点線と点線

 

インジケータ用ライン定数(ENUM_LINE_STYLE)の使い方

主に、SetLevelStyle関数の引数として使用されます。

それぞれ、draw_style引数の入力値として、インジケータ用ライン定数を使うことができます。

上記の定数を入力しましょう。

すると、その定数に対応したラインの種類が設定されます。

例えば、以下のように使用します。

  //SetLevelStyle関数
  //点線で描画する
    SetLevelStyle(STYLE_DOT, 1, clrYellow); 

 

【補足】インジケータ用ライン定数の列挙型(ENUM_LINE_STYLE)

インジケータ用ライン定数は、ENUM_LINE_STYLE​という列挙型に含まれています。

列挙型は、定数群をひとまとめにしたものです。

以下のように使います。

ENUM_LINE_STYLE lineStyle = STYLE_DOT;

上記のようにプログラムすると、lineStyle変数に STYLE_DOTの数値が代入されます。